最新GPUは高性能かつ省電力がキーワードになっている!

ゲーム用としてはGeForceが優勢!圧倒的なワットパフォーマンスが魅力!

グラフィックボード(GPU)は毎年のように新モデルが登場しています。そしてゲーミング用として主勢力になっているがGeForce GTXです。ライバルになるRADEONは2012年に新アーキテクチャであるGraphicCoreNextに移行して現在までに2度のアーキテクチャを更新していますがGeForceのような大幅な進化がありません。ゲーム市場としてのGPUは圧倒的にGeForce優勢が続いています。

 

GeForceな多彩なラインナップが魅力でハイエンド〜ミドルレンジまでGPUを揃えていますがどれも外れのない製品ばかり。最近ではGTX1000シリーズがまたGPU市場の話題を独占しました。旧型になったGTX900シリーズはGTX700シリーズから大幅なワットパフォーマンスの改善を見せながら価格も安くゲーマーにとって財布の泣き所であった電源の買い替えも必要ありませんでした。この流れはGTX1000シリーズにも受け継がれており大幅な性能向上がありながらGTX900シリーズとほぼ同等の消費電力にとどまっています。

 

高性能なGPUの選び方

GPUを選ぶ場合、GeForceを例にすると最上位クラスになるのがGTXです。そしてGTX950、960などの数値がありますが高いほど性能が高いです。ですからPCゲームを高画質で楽しみたい場合はできるだけ数値の高いハイエンドモデルを選ぶと後悔はしません。

 

ただ高性能になるほど値段が高くなります。そのため多くの方は性能と価格の釣り合いが取れるモデルを選ぶ傾向になります。例えばGTX900シリーズを例に出すと性能とこすとパフォーマンスが良いのはGTX960、GTX970になります。

 

特にGTXの下二桁が70番台のモデルは非常に性能と価格の釣り合いが取れており高い人気を誇ります。