高性能PCはデスクトップ、ノートPCのどっちがいいのか?

高性能PCのデスクトップ、ノートどっちがいい?

性能の高さを求めるのであれば間違いくなくデスクトップPCを選ぶ方良いです。特に筐体が大きいほど拡張性に優れているのでグラフィックボードなどを搭載できます。これはパソコンでゲームをやる方にとって大切なパーツです。グラフィックボードは非常にパーツの中でもサイズが大きいです。そのためパソコン内部に余裕のあるスペースがないと設置することができません。

 

そして拡張性を考えてもデスクトップの方が優位性が高いです。
よく言われる拡張性とはパソコンのスペックを上げることができるかどうか…といった意味合いがあります。デスクトップでも筐体が大きれば内部スペースに余裕が出てきます。パソコンは大きい方が高性能なマザーボードを搭載できたりパーツ交換もしやすい。そして他パーツとの干渉が少ないです。これが筐体小さいノートPCなどになると拡張性といった面では非常にできることが限られてきます。

 

携帯性、スペース占有率ならノートPCが有利

性能や拡張性が高いのは圧倒的にデスクトップPCです。では逆に持ち運んで使うPCとして見るとデスクトップはノート型PCに惨敗です。携帯性、省スペース性はどう足掻いてもノートPCには勝てません。

 

そのためパソコンを使うライフスタイルが自宅なのか、外出先なのかによって選ぶべきパソコンが変わってきます。もっと言うとパソコンでどういっった作業をメインにやるのかでも変わってきます。

 

例えばゲーム用途でパソコンをメインに使いたい場合は絶対にデスクトップの方が有利です。逆にビジネス用途でオフィス関係のソフトを多用する場合はノートパソコンでも十分でしょう。要は作業、使用環境に応じてデスクトップ、ノートと分けて考えると良いです。究極に良いのは自宅はデスクトップ、外出用にノートPCを揃えるのが一番良いんですけどね。